不動産購入時の仲介手数料の正規金額や手数料値引き交渉について

こんにちは

不動産のお父さんです。

不動産の購入を検討し購入にかかる諸費用を調べていると、


仲介手数料がとても高く感じた人、多いと思います。

本日は


不動産購入検討の為に、


「仲介手数料って正規で幾らなのか知りたい」
「値引きをしてもらえるものなのか知りたい」


このような悩み、質問に答えたいと思います。


正規 不動産仲介手数料の計算方法について


正式な不動産の仲介手数料の計算方法は、下記の式になります。



( 物件価格 × 3% + 6万円 )× 消費税 =

(*もっと正確に記載すると、『別リンク』のような記載になりますが

このサイトでは簡約化した上記計算式のみお伝えします。)



例えば、3000万円の物件を購入するとなると、正規仲介手数料は

( 3000万円 × 3% + 6万円 )× 消費税 = 1,056,000円


なんと、100万円を超える計算になります。

物件をインターネットで見つけて、問い合わせて内覧。

買いたいと思ったら、諸費用欄に100万円を超える仲介手数料が

記載されているのです。


「え? あなた私たちを現地に案内しただけだよね?

それでこれだけの報酬額を請求するの?」と誰しもが心でつぶやいている事でしょう。


厳密には、お申し込み後の契約から引渡しまで様々な業務はあるのですが、

それにしても、この金額は「高い」と不振に思うものではないでしょうか。

仲介手数料の値引きか可能なのか?



結論から言いますと、「できない」と思って下さい


思ってください。と、若干濁りのある回答になるのには理由があります。



仲介手数料の値引き交渉をしたら、1番手を外される可能性がある。


これは、不動産業界の裏事情に若干踏み込んでいますが、

申込後、仲介手数料の値引き交渉をすると、いきなり1番手でのお申し込みを

外される可能性があります。


理由なんてものはどうとでもできるものです。


「突然売主様が知人に売りたいと仰ってきた(本当は見知らぬ2番手の顧客)」


「実は、同時に別の営業マンから申込が入ったようで、最終的に1番手で進めて頂けるかどうか

売主様の判断次第になってしまった(実際には自分の2番手の顧客)」


などなど。


営業マンは誰しも「目標数字」を背負って仕事をしている手前、

仲介手数料は満額しっかりと頂きたいと思っています。

やはり、お客様対応をしている中で、突然「仲介手数料を値引きして欲しい」と

言われると嫌な気持ちにもなるものです。


契約まで進んでいる過程で、営業マンの対応に不備があって、

被害を被り手数料値引きのクレームを入れたいとか

そのような場合ですと話しは変わってきますが、

基本姿勢としては


仲介手数料減額交渉をする結果、買いたい物件が買えなくなる可能性があるから

「できないと思っていた方がよい」


というのがより正確な回答になるかと思います。


(*但し、「これは誰も買わないよな」というような他になかなか買い手が

見つかりづらいような物件を購入するような場合には交渉の余地有です)


快く手数料値引きに応じてくれる知人・友人に仲介を依頼する


それでは、不動産仲介を生業にしている友人・知人に仲介を頼んで

手数料を安くしてもらう方法がどうでしょうか?

これも結論としては

あまりお勧めできません。


なぜかというと、売主様担当の不動産会社が他買営業の不動産仲介マンからの

問い合わせをブロックしている可能性があるからです。


本来あってはならない事ですが、不動産業界は闇の深い世界です。

ブロックの方法なんて幾らでもあり、

友人営業マンが売り手側不動産会社に問い合わせたら


「他に案内が2〜3件入っているから、3番手ぐらいになるかもしれません
(実は案内が入っていない、時間稼ぎ)」

「商談中のお客様がいるのでそちらをまずは第一優先にさせて下さい
(実はまだ商談に至っている顧客はいない、時間稼ぎ)」

「現在申込が入ってローン打診中の方がいます。ローン承認となれば
その方で進むと思いますのでご了承下さい
(実はまだそのような顧客はいない。同じく時間稼ぎ)」

もっと、ひどい方法だと、「担当者が外出中で現状況が不明」と
誤魔化す方法を使っている可能性もあります。

(*このあたりについては、不動産の「囲い込み」という題目でいずれ書きたいと思います)


快く仲介を引き受けてくれる友人・知人に頼んだ結果、条件に見合う物件が

売り出されていても物件の内覧にすらたどり着けない


なんてことがあり得るという事です。わたしも、友人に仲介を頼まれたら、

手数料なんて1%以下でも良い気持ちでお手伝いをしてあげたいですが、


上記のような事があるので、

これはブロックだなと感じた物件があれば、

友人にはっきりと事情を話し、直接売り側仲介会社へ問い合わせをするように話します。


希望に見合う物件なんてそうそう出てくるものではありません。仲介手数料に拘って、

物件を逃すくらいであれば、そこに見切りをつけるように説得します。


友人・知人に物件探しを頼んでいたけど、結局売主側仲介会社を通じて購入を余儀なくされた方へ



不動産仲介業を営んでいる人であれば、記載してきた売り側仲介による

問い合わせブロックが業界で横行しているという事実を

友人・知人も十分に分かっています。


ずっと、一生懸命物件探しを手伝いしてくれたのに、最後は見知らぬ営業マンを

通じて購入しなければならなくなる


これはとても辛い事だと思います。

しかも数千、数万円の話しではありません。数十万、数百万という金額です


でも、物件探しを真剣に手伝ってくれた人であれば、

最後は自分の仲介とならなくても、

「良い物件が見つかってよかった」と心から思ってくれます。


数ヶ月のタダ働きをさせた事に気を揉む必要はありません。

それであれば、将来、自分の家族・兄弟、友人が不動産の売却を

検討されている時には是非、その不動産営業マンを紹介してあげて下さい。


それがいちばんの恩返しになります。営業マンも喜んでくれます。


本日の纏め


正規不動産仲介手数料は
( 物件価格 × 3% + 6万円 )× 消費税 =

仲介手数料の値引きか可能なのか?
基本はできない。→ (2番手以降の対応にされてしまう可能性がある)

友人・知人に仲介を依頼して手数料を安くすませたい
あまりお勧めできない。→ (最終的にタダ働きさせてしまう可能性がある)


よかったらシェアしてね!
目次
閉じる