【自宅売却に掛かる時間を教えて欲しい】正しい回答にてお応えいたします。

こんにちは、不動産のお父さんです。

不動産営業を行っていると、よく売主様から「どれぐらいの期間で売れますかね?」という質問を受けます。

ネットサイトなどを観察していると、このような質問に対して「目安として3〜半年ぐらい」という回答を見るのですが、これは全く見当違いです。

不動産というものは、「売れる時期」をある程度コントロールできるものなのです。本日はこの「不動産はどのくらいの期間で売れるのか」という質問に対して

本当の正しい回答にて応えたいと思います。

この記事の信頼性として、

わたくしこと不動産のお父さんは、10年以上大手不動産仲介会社に勤務。

退職するまでに関わった契約は1000件を超えています。

そんな、実践と実績を残してきた営業マンから、教科書的な事ではなく、より

実務目線でのリアルなアドバイスを行いますので、ご参考になればと思います。

目次

結論:価格設定次第です。

不動産は相場であれば売れるという前提をまずは理解する事

売れない不動産というものはありません。山であろうと、畑であろうと、モノの値段が適正(相場)であれば不動産は売れるのです。事故物件だろうと値段が適正であれば売れます。

相場よりも安ければすぐに売れますし、高ければいつまで経っても売れないのです。なので、そもそも「売却にどれぐらいの期間が掛かりますか?」という質問自体がある意味間違えているのです。

どういう事か、もっと具体的に説明します。


査定価格2000万円のマンションを販売すると仮定した場合。

市場には1000万円で売り出すとすると、3時間あれば売れます。

市場には1800万円で売り出すとすると、2週間あれば売れます。

市場には1500万円で売り出すとすると、1日あれば売れます。

市場には査定価格通り、2000万円で売り出すとすると、

→ここで初めて、約3ヶ月ぐらいの目安を見て下さいと回答します。

値段が相当に安ければ、転売業者が欲しがりますし、

値段が、ある程度安ければ、一般顧客が買います。

という事は、そもそもの考え方として、

「相場相当で売却する場合、どれくらいの期間で売却可能なのだろうか」と

疑問を持つべきだという事です。

→この質問に関しては、先程申し上げた通り、約3ヶ月程目安として下さい。

「わたしの自宅は不動産業者の提案してきた相場通りの設定なのに、いつまで経っても売れてない」

という方がいらっしゃるのであれば、

それは、その査定価格自体が間違えているのです。

査定価格というものは、「売れる値段」を提案するものです。

その価格で売れないという事は、不動産営業マンの相場感がズレているだけです。

なので、本記事を読んで自宅は査定価格通りなのに全く売れないという悩みを抱えている方は、すぐに、他不動産会社へ改めて査定依頼を行うのが良い結果に繋がるかと思います。

実は会社or営業マンによっては、売却依頼を得たいが為に、当初査定価格を実際の数字よりも水増しして提案している可能性があります。(このあたりのより詳しい説明については「不動産売却を頼んだけどなかなか売れない<査定価格引き上げ合戦の被害者>」をご参考下さい)

1社だけではなく、複数社へ改めて金額査定を依頼し、且つ、信頼できる営業マンを見つけましょう。

売却にできるだけ時間をかけたくないという事であれば【買取り】という選択肢もあります。

不動産市場では、不動産を買取り、修繕を行い転売する業者がたくさんいます。

売却に時間を掛けたくないという事であれば、この【買取り】という選択肢もありますので、それぞれメリット・デメリットを確認しておきましょう。

デメリット

・売却価格は安くなります。(査定価格の7掛け程度が一般的)

メリット

・ある程度の売主側の引き渡し条件を呑んでくれる。

・契約不適合責任免責とする事ができる。

・業者によっては残置物をそのまま引き取ってもらう事も相談できる。

・周囲に知られずに売却可能。

・近年では、買取業者がどんどん増えており、買取り価格も上昇している。

・仲介を通さずに買取り依頼をすれば、手数料無料のところもある。


やはり、何より「安くなってしまう」という事がデメリットです。しかし安くなってしまうという事を差し引いても多くのメリットがありますね。

ここは、ご自身で総合的にご判断されると良いかと思います。

ただし、以下の事も頭の片隅に入れていただきたいです。

信頼できる不動産営業マンの売れる価格の提案であれば、

そんなに時間をかけずに売れます。

もっと言うと、経験豊富な営業マンは、物件とその値段を見て、

「この物件、今月契約になるな」とイメージを持っています。

実際にほぼ、その通りになります。

なので、例えば買取りは嫌だけど、事情もあり、1ヶ月程度で売却してしまいたいという希望がもしあれば、それをそのまま不動産営業マンに相談してみて下さい。「1ヶ月以内で売れる値段」のご提案があるハズです。

あくまで買取り価格よりも高く、且つ短期間で売るという目標に対してのご提案です。

さいごに

・仲介を依頼するにしても、買取りを依頼するにしても、絶対にしてはいけないことは、1社にだけ相談する事です。

不動産会社も自分の会社にだけ相談していると分かれば、できるだけ安く提案し、買取りへ誘導される可能性があります。

不動産業界はまだまだ闇の深い業界です。人の為になる、人の利益の為になるという仕事をしている人は残念ながら、まだまだごく少数です。

安心して、できる高値で、売却を実現する為にも、

大変でも複数社へ相談し総合的に判断するようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる