【家を買う理由ってなんですか?】賃貸のままでも良いじゃないですか?

こんにちは不動産のお父さんです。



なぜ、みなさん家を買うのでしょう。



不動産営業をずっと続けていく中でこの疑問について考え続けています。



家を買う事で一人前として認められる

賃貸で生活しているよりも持家の方が得だから?



どうやら考え方は皆さんそれぞれのようです。


大抵、家を買う時には住宅ローンを組みます。

3000万も4000万も5000万も6000万も

35年間かけて借金をして毎月支払っていくのです。


そして、この住宅が現金を生む訳ではありません。

そうです。持家は決して資産では無いのです。

あくまで「負債」なのです。



「わざわざ借金をする必要なくないですか?」

「賃貸のままでも良いじゃないですか?」

と思う自分もいますし、

(不動産を売っている立場なのに…)


もっと個人的な意見を言ってしまえば、家を買うぐらいならアパートを買った方が良くないですか?

とも思ってしまいます。



きっと、これは昔読んだ、

「金持ち父さん、貧乏父さん」

の影響を受けているからなのだと思います。



金持ち父さんは文中で、

「持ち家は負債だ」とはっきり言っていました。



大手不動産会社の新人研修時に

「家を買うことは財産になる事だ」

と教わったわたしは、この180度異なる意見の違いに衝撃を受け、

また、お金持ちになりたくてこの本を無我夢中で読み込んだ記憶があります。



今、わたしは金持ち父さんと全く同じく

「家は負債」だと主張します。

単純に利益を産まないからです。

毎月、ただただお金がローンという形で削られていくだけです。

でも、



負債かもしれないけれど、家を買う事で受けることの恩恵はたくさんあります。



  1. 自分の好きなようにカスタマイズできる。
  2. 居心地の良い空間を作れる
  3. 汚せる
  4. 騒げる
  5. 走り回れる
  6. 庭で遊べる
  7. 歌える(あまりにも大きな声はご近所にね…)
  8. 壁にパンチできる(思春期の衝動ですよね)
  9. かくれんぼができる


これらの事は賃貸に住んでいるとなかなかできない事ばかりです。



お金うんぬんの問題ではなく、



きっとこれらの事は、より人生を充実させる為の、楽しむために

あったら良いな

と思う事で



きっとわたしが家を買う(もしくは建てる)時にはこういう事がしたいから

子供にさせたいから

買うのだと思います。



だから結局何が言いたいのかいうと、


まずはお客様の中にも、

「資産」を持ちたいと思って家を買う

という動機の人がいますが、

自宅は決して資産ではないという前提を知ってほしいのです。



ただ、ただ、35年間支払い続ける負債を抱えるだけの話しなのです。

(但し、稀に購入時以上の価格で売却できる不動産もあるので、一概には言えませんが…)


それを理解した上でも、支払い続けてでもそれ以上の価値を感じるのであれば

買うべきなのだと思います。



家を買おうか検討している人にわたしはある意味クロージングとして

「別にわざわざ買わなくても良いんじゃないですか?」と聞く事があります。



これはわたしの本音です。



わたしが本音で質問をすると、結構な確率で買主様も本音で答えてくれます。



「賃貸よりも安くすむから」

「周りも買ってるから」



実はこんな回答が多いです。

確かに賃貸よりも月々の返済は安くなる可能性はあります。

確かに「周り」の人が家を買っていると、「自分も遅れるわけにはいかない」という

考えが頭をよぎります。

でも、



月々の返済は安くなるかもしれませんが、そのかわり住宅ローンは

あなたの自由を奪います。



「会社を辞めたいけど、転職に失敗したら住宅ローンが払えない」とか、

「今と違う環境に引越したいけど、家買っちゃったな」とか。

これはデメリットの1つだと思います。



周りの人が買っていると、自分が賃貸で住んでいる事になぜか劣等感を感じてしまいますよね。

今でも持家を持っているのは、ある意味「成功者の証」としてのアイコンになるのでしょう。

でも、時代は少しづつ変わってきています。



ノマド的な生き方。場所に縛られない生き方が少しづつ世間に浸透しつつあり、

更に少しづつ海外移住のハードルも下がりつつあります。

これからこの領域はコロナ禍での価値観の変化も加速要因となり、さらに拡大していくと思います。



家を売る事が仕事のわたしなのに、賃貸をおすすめしているのは

変かもしれませんが逆に言うと、それぐらい「家」に夢を持っています。

家にはお金じゃ買えない価値があると思います。



そして、同じように「家」が好きな人を応援して、

これからも良縁をお運びできるような仕事がしたいのです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる